HappyPlace 韓国映画「マラソン」観てきました


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |







9時~17時の断水から免れるため梅田に出たんですが、お留守番するワンコたちのためにエアコンつけっぱなし、もしかして何かあったらどうしよう…とか色々考えてたら映画観てちょっとブラッとして帰ってきてしまいました。大人しく腹を上に向けて寝て待ってました。(飛び起きてたけど!)
初めて一人で漫喫行ってみようとか色々考えてたんだけどなー。
(昨日絵チャで話題にあがった漫画の人物を確認するためにも 笑)

マラソン。
韓国の映画というだけあって?客層が…八割方オーバー40?50?でした…(笑)
なんかその中にまぎれているのが最初気恥ずかしかったですよ…
「∑ 違うのよ!私は韓流スターとかには全く興味ないんだから!」とか思いつつ…さっさと暗くなってくれと願うばかりでした。(スゴイ偏見…韓流好きの方見てたらごめんなさい…(平謝り

内容は、自閉症の男の子と母親のマラソンを通しての心の交流(実話)なんですが、お涙頂戴ものというわけでもないけど、ほろりと涙が流れた素敵な良質な映画でした。
色々書くとネタバレになっちゃうし書きませんが、最後のフルマラソンを完走した後の少年のスマイルに思わず観ているこっちまでスマイルで拍手を送りたい気分でした。役者さんの演技とはいえ、本当にいい笑顔で感動。そして涙。
一生懸命子どもを育てながら、実は親も子に育てられている、まさにそんな映画でした。

おすぎが太鼓判をおしているから、観てみようかなぁ~とずっと思ってたのだけど、ダニー・ザ・ドッグも観たいし…と悩んでて、結局は金券ショップから近いほうの映画館(イーマのブルク7)でやってるマラソンを取りました。(暑い中自転車で移動するのがいやだったんで…
観て正解でした。おすぎありがとう。(笑
自閉症の方に対する考え方も自分の中で少し変わったかもしれません。観て良かったです。

マラソン
おすぎの映画天国

チケット販売ブースで並んでいる時に前にカップルがいて、「なんぼやっけ?」「えー映画って結構たっかいなぁ」とか代金について話してたんですが、女が「身障者って言って買ったら安いんちゃう!ギャハハハ(≧▽≦) そんなん通じんわなぁー。後ろから頭殴ってさ、チョット頭おかしい感じで買いに行ったら安なるかな?!!」とかどうしようもないくらい馬鹿なことを言っていて、本当に殴ってあげましょうか?ってかんじでした。ホント信じられないような言葉をいとも簡単に言い放ちますね。彼氏もチョット呆れ気味でしたよ… お前ら、マラソン見て心を入れ替えろと言ってやりたいです。今ならね。


スポンサーサイト







<<また観てきました | ホーム | 絵チャログです>>
Comments       Comment-post▼
☆---
こんばんわ!
今日は断水やら何やらで気ィわれたみたいで…おつかれさまです。
今日も関西はなんだか、暑い一日でしたね。
昼間におでかけはなかなか気合い入れないとできないですよね~~

マラソン……公式HPの予告見てきました。
なんとも、とても惹かれました。
自身、自閉症の方と仕事を通じてですが、接する機会もあった時があって、とても興味深かったです。
近くの映画館でやってるかな…????
探してみます!!

ていうか、昨夜の絵茶は、ほんと、なごりおりひ……


【2005/07/22 21:50】
URL | から(kara #1qn5u1m6[ 編集]



☆---
暑かったですよねー。あんまり日中外を出歩かないようにしてるんですが、チョット今日はビビリました… お湯に浸かって歩いてるみたいでした…もしくはエブリタイムエアコンの室外機前。orz
でも映画館や地下街歩いてるうちに冷えすぎて風邪引きそうになりました…あんまり冷えすぎにも慣れてないもんで。(笑)危ない危ない。

マラソン、なかなか奥深い映画でしたよ。笑いあり、グッと来るところもあり、最後は多分観客皆笑顔になる映画です。
ただ残念なのがそろそろ打ち切りのところがほとんどなのです。大阪市内は確か今日で終わりです…;
からさんの行ける映画館でまだやっているといいけどなぁ。


【2005/07/23 01:36】
URL | 雲丹 #91vX9n9I[ 編集]



コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する





想像以上に素晴らしかった作品◆『マラソン』
7月3日(日)TOHOシネマズ木曽川にてもしも、自分の子供の知能が5歳で止まってしまい、そのあとその子が何歳になろうと、ずーっと5歳の子供を育てるように接しなければいけないとしたら…。母親は、放っておけばどこに行ってしまうか分からないその子の手を離すことが 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」【2005/07/26 06:36】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。